国債は昨今、さかんにメディアで取り上げられていますが、それほど良い商品なのですか。

投資の王道 国債について知りたい
投資の王道 国債について知りたい
投資の王道 国債について知りたい

国債について

国債は、資産運用として非常に優秀と言われています。
その理由は、国債が国によって運営されているからです。
国債の価値がなくなるということは、経済的な国家が破綻することです。
日本という国においてこのようなことは想定できないため、国債は安全な資産運用方法と言われているというわけです。
この国債はどなたでも購入することができます。
国債には「固定型」と「変動型」があります。
利率が満期まで変動しないものが固定型で、一定期間ごとに利率が変動するものが変動型です。
利率が変動しない固定型には「固定5」と「固定3」があります。
これは満期の期間を表しており、5年契約のものと3年契約のものとなっています。
そして変動型には「変動10」と「変動10(復興応援国債)」があります。
変動10は、利率の適用が半年ごとに行われます。
そして変動10(復興応援国債)は、契約当初の3年間は、0.05パーセントの固定金利となっています。
そして4年目以降は、半年ごとに利率が変動します。
また、3年後に国債の保有残高に応じた記念紙幣が贈呈される仕組みになっています。
現在は、この復興応援国債の個人向けのものは募集が終了しています。
国債は資産運用として優秀であり、また購入も簡単できます。
購入単価は1万円単位となっています。
そして他の資産運用とは違い、金利の最低保証が設けられています。
0.05パーセントとなっているため、元本割れを起こすことはない安全な資産運用と言えます。
そして国債はいつでも購入することができるわけではなく、発売月が決まっています。
固定3は毎月となっており、固定5と変動10は7月・10月・1月・4月となっています。
またこれらも随時変更されることがありますので注意しましょう。
国債は安全で安心な投資といわれています。
その理由は政府が国債を発行しているからです。
確かに日本という国を考えれば、安心といえます。
ですが決して安全といえるかといえばそれは疑問が残ります。
安全という言葉の裏には、「保証」の文字が隠れていません。
保証という言葉を使用できないため、安全と表していると捉えることが正しいといえます。
国債は国の借金であり、購入者からお金を借りている証明書のようなものです。
国の信頼度が高くても、国債は国債で運営されていますので、別に捉えることも大切です。
国が個人に対しておこなっている借金であっても、それを返すことができないのであれば、国債は破綻状態となります。

Copyright (C)2014投資の王道 国債について知りたい.All rights reserved.